読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジアの唇(ひとつの移転)

ふた月連続で詩を投稿し損ねている。〆切日間際がクソいそがしいのが主な理由だが、それにしたってどん詰まりの気配を感じざるをえない。小説を書くぞとか意気込んでもいたのだが、そちらもすすんでいない。リソースはすべて仕事に割いている。いまの仕事はめっちゃおもしろい。最初の一冊にして、代表作、って感じの本がでるだろう。編集者ってこれだ! って日々を過ごしている。日をまたいで家に帰る日がつづいているけれど、やりがいの方がいまは勝っている。スパルタ。とはいってもまいにちこんな時間に帰っていると頭がイカれそうになるのはたしかだ。

上のはなしとはべつに、印刷物をつくりたいんだなおれは。卒展でつくったペーパーの文字組やコミティアに参加してた頃の制作物のたぐいをみてたらZINE熱がちりちりとバーニング、バーニング。個人で雑誌つくれる体制を来年には整えようね。