読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目の前の前から前側に背ける

3連休が壊滅したのだが、ふしぎとストレスがない(疲労はある)。しごとの内容におれは左右されている。自身に責任を置くことができ、これからにつながる予感があるワーク。どこを走っているのかわからないまま走らされる苦痛がない。考えかたが日々ぶつかり、積み重なった時間と衝突してばかりいるが、飛ぶ火花はいつかの火種になるはずだ。

こんなことばかり書いているのはよくないと思っている。

連休最終日はしごとがえりに角川シネマ新宿で『コロニア』、新宿Motionで余命百年、トリプルファイヤー、SuiseiNoboAzのスリーマンを観た。エマ・ワトソンがかわいかった。話は『サウルの息子』×『マーサ・マーシー・メイ・マーリーン』みたいな(ずいぶん暴力的なまとめかただ)。脱出ものはどうしてこんなにドキドキするのだろうね。わりとたのしんで観ていましたがなぞのズームアップと寄りのショットによるハリウッド感(メジャー感?)は好みでなかったね。それにしても反体制マインドには心おどるし心ゆさぶられる。パトリシオ・グスマンの作品をいくつか観ていたために時代背景はなんとなくわかる。『チリの闘い』もはやく観にいきたい。ゲバラしかり南米は魅力的だ(おれが小学生の頃いちばん好きだった国はエクアドルで、好みの国を調べて発表する授業のときに先生がどうしてこの国を選んだのと質問してきたことを思いだす/「エクアドル」は赤道を意味する)。

ライヴもぐっどなイベントだった。3バンドとも観るのは2~3年ぶりくらいで、観客を殺す勢いで殺伐としていた余命が南国育ちの野生児によるサイケなドリームポップみたいな感じに変化していたり、メンバー変わってどんな風になったのかちょっと心配だったボアズも相変わらずの音圧と金属的なカッコよさを発揮していてめちゃ満足だった。トリプルファイヤーも演奏、MCともにキレキレで、なんども歓声をあげてしまった。

木曜日は政治的な話をきいて、キムチうどんを食べたりした。もしかするとおれは話すことが足りてないかもしれない。ゆえに文字を書くのだね。